january


01/20(thu)     『 スパイ 』

no name6

歩兵はよく道を尋ねられます。
日本人にも外国人にも尋ねられます。
よりによって初めて行った場所でよく尋ねられます。
先日東京行ったときも、インド系の外国人に切符を買ってくれと頼まれました(笑
そんな話しかけやすいオーラを出してるつもりないんですけどね(笑
いや、知ってる場所なら別にいいんですけどねぇ。

  『 ○○に行きたいんですけど、こっちでいいんですか? 』

歩兵『 えぇ、大丈夫ですよぉ(・・・たぶん)』

まぁ、とりあえず適当に答えときます。
嘘です、ちゃんと答えますよ(笑
いつも心を込めたベストな道順を提供しております(ウソくさい
初めて行った土地で地元の人間に見られることは、スパイの必須条件です(笑


話は変わりますが、自衛隊には情報本部という機関が存在します。
旧日本軍の諜報部、スパイ機関に相当します。
国外から飛んでくる電波を傍受・分析するのが主な仕事のようです。
市ヶ谷か霞ヶ関あたりにその本部ビルがあり、ものすごく厳重なセキュリティーに守られてるそうな。(歩兵兄貴情報)

普通科やら機甲科やら、自衛隊には数多くの職種が存在しますが、基本的に自分でその職種を選択することはできません。
一応本人の希望は聞くようですが、成績や適性検査などを総合的に評価し、最も適当な職種へと配属されます。
で、この情報部には一体どんな人間が配属されるのかというと、ネクラな感じの人が多いそうな。(歩兵兄貴情報)
確かに、決して目立たず、一瞬で周囲に溶け込めるような人がスパイに向いてるという話は聞いたことがあります。
思い出せそうで思い出せないくらいの顔がちょうど良いのかも。
平井堅とかはスパイになれません(笑

あと、口が堅いことも当然のごとく重要です。
恋人にも、家族にも、友達にも決して秘密をもらしてはなりません。
これは簡単なようで難しい。
重大な秘密であればあるほど、他人に話して驚く顔を見たがるのが人間の性です。
情報部の人間はどんなに酒を飲ませても、どんなにベロベロに酔っぱらっても、決して口を割らないそうな。(歩兵兄貴情報)

ダメだ、歩兵はスパイになれそうにない(笑



01/18(tue)     『 9 』

no name5

というわけで、東京行ってきました。
早朝の飛行機に乗ったんですが、夜型の生活サイクルを修正できず、結局徹夜で行くハメに・・・
適性検査を受けてる頃には完全にグロッキー状態(笑

歩兵『 ここはドコ・・・? 』

博多? 東京? いや、札幌だったか?
一瞬、いま自分がどこにいるのかを見失いかけました(笑

休憩時間が極めて退屈だったので、隣の受験番号9と話す。
静岡にある大学の院生らしい。
帰りの電車の中でも色々話す。

歩兵『 お互い運がよければまた会えるかもね(笑 』

9番『 だね・・・(苦笑 』

曇った笑いを浮かべながら、9番は品川駅の雑踏の中に消えて行きました。
なんてはかない繋がりだろう(笑
高校受験や大学受験のときとはまた異なる切なさ。
歩兵『 がんばれ、9番・・・』
まぁ、お前ががんばれよって話ですけどね(笑
結局最後まで名前聞かなかったなぁ(笑


さぁ〜て、次は月末にある学会の準備が待っております。
しかも、また東京…。 もういいよ、東京は…
博多でやれよバカヤロー、お金がねぇっつーの(笑
どうせなら行ったことのない沖縄とかでやってくれよ。
去年の夏の学会は高知でした、あれは楽しかったけどね(笑
だれかジブリ美術館に連れて行って下さい(笑



01/16(sun)     『 勝負っ! 』

no name4

この1週間、デジカメ、デジカメ、デジカメ、デジカメ・・・
寝ても覚めてもデジタルカメラって感じでした。

『 対象ユーザーにマッチした魅力的なデジタルカメラのコンセプト及びスタイリングの提案 』
という事前課題が企業から与えられ、
軽いノリで参加申し込み出してしまいました。
いやぁ、なんか面白そうだなぁ〜と思って(笑
こういうのを1度やってみたかったんです。

本来、歩兵の学科・専攻であれば、ロゴデザインのようなビジュアルデザイン系が専門になります。
実際、ビジュアルデザイン系の課題も選択できるようになってたんですけどね。
今回選択したインダストリアルデザイン系はちゃんとそれ専門の学科もあって、歩兵はかなりの畑違いなことやってます。
授業でちょこっとカジった程度で、専門知識なんて皆無に等しい・・・

『 だってインダストリアルデザイン系の方が楽しそうだったんだもん(笑 』(歩兵談)

課題内容自体は1ヶ月ほど前から分かっていたんで、この1ヶ月間頭から「デジカメ」が離れる日は1度もなかった。
形が定まらず、頭の中でずっとモヤ〜っとしてました。
コンセプトが決まらないとスタイリングも出来ない、スタイリングが決まらないとコンセプトも書けない、の堂々めぐり。
提出日が迫って来たので、この1週間でなんとか形にしました。
ずっと頭の中で試行錯誤していた甲斐あって、紙に描き始めたら意外と早かった。
デザインって難しいね。
でも、すんごい楽しかった! 今までにない充実感。
今の歩兵にこれ以上のデザインは出来ないと断言できます(笑
うん、やれるだけのことはやった。 悔いはなし。

もし他の志願者がはるか上の次元で勝負してたとしたら、その時はもうお手上げです、白旗ですよ(笑
歩兵同様、他の志願者も試行錯誤の末に産み出した自分の最高傑作を持ってくるに違いない。
それを見れるのもちょっと楽しみ。
というわけで、月曜日は日帰りで東京行ってきます。

いざ、勝負っ!!



01/09(sun)     『 北海道 』

no name3

ちょっと遅いけど、年末年始の北海道旅行のことを少し書きます。
実を言うと、北海道に行くのは2度目。
1度目は青春18切符を使っての超貧乏旅行でした。
その時は夏だったんですが、今回は冬。 しかも飛行機(笑
いやぁ〜、早い早い、あっという間だね。
ちなみに、青春18切符で行ったときは北海道に着くまでに5日くらいかかってます(笑


冬の北海道。
もうなんて言うか、アレだね。
寒い!
もう1度言おう、寒過ぎるっ!!笑
TAMAちゃんの言う通りだね、歩兵は北海道の冬をナメちょりました…
まさかあれ程までに寒いとは、あまりの寒さに笑ってしまいました(笑
夜の寒さときたら、まさに殺人的ですよ(笑
それにしても、やはり道産子は寒さに強いんでしょうかねぇ。
歩兵『 ありえねぇ〜・・・ 』
って感じの格好をした人を何人か見かけました。
この時期、福岡でもあんな薄着の人見たことないよ(笑


  

東北、北海道の人にとってはあまりに見慣れた光景なのかもしれませんが、
朝から晩まで雪のある風景が九州人にはとても新鮮に映ります。
青春18切符を使った前回の旅行では、函館、長万部、小樽、札幌、旭川、富良野をブラブラと歩きました。
今回の旅行でも札幌までご飯を食べに行ったりしたんですが、雪があるとまた雰囲気が違いますね。
1度来たことあるはずなのに、まるで違う街に来てるような気分でした。


時期が時期だけにあまり遠出もできないため、比較的近場である支笏湖までドライブ。
この日はすごく天気がよく、夕陽に照らされてオレンジ色に輝く雪が綺麗でした。



支笏湖、逆光モロ入りバージョンでお送りします(笑
『 父さん! ラピュタは本当にあったんだっ!! 』
みたいな写真になってる(笑

途中、野生のシカに遭遇。

歩兵『 でっけーー!』

ホントに大きなシカが何喰わぬ顔で道路を横断してました(笑
よく見ると、道路わきの林の中にも無数のシカが!
シカさんのお尻って白いのね(笑



他にも倶知安、小樽にも行って来ました。
この日はあいにくの天気。
倶知安、天気が良ければすごく綺麗な風景がおがめたんでしょうけどねぇ…、残念。



それにしても倶知安は寒かった(笑
倶知安から小樽に向かう途中、道路沿に日本海が広がります。

  

北海道からのぞむ冬の日本海。
海は飽きるほど見てるはずなのに、寒いところの海はまた一味違いますね。
見てるだけで体温を奪われるほど冷たい。
小樽に着いて、少しブラブラ歩く。
小樽はいつ行っても観光客が多いね(笑
お昼を食べようと大きなショッピングモールに入ったんですが、なぜか初めて来たような気がしない…
前回の旅行でも小樽には来てますが、こういう観光地以外の場所には寄らなかったはず…

歩兵『 あっ…… 』

思い出しました、初めてじゃない。
前回の旅行は寝袋持参の旅行で、適当な場所見つけてはそこで寝てました。
思い出した、このショッピングモールにもお世話になってます(笑
あの時は店のシャッターが閉まり真っ暗だったんですが、中はこんなふうになってたのね〜(笑

歩兵『 ただいま、小樽築港・・・(遠い目)』


もっと行ってみたい所がたくさんあったんですが、今回は千歳から車で行ける範囲にとどまりました。
でも、小樽も札幌も、冬の姿が見れて良かった。
雪で覆われたあの風景が本来の姿なんでしょうね〜。
寿司、焼肉、あと味噌ラーメンもおいしかったなぁ〜。
普段、ウニはあまり積極的に食べないんですが、
前回の旅行同様、北海道のウニはホント美味しい。甘くて濃厚な味。
カニとジンギスカンはまた次回(笑
熊の木彫りと悩みましたが、お土産はビールにしました(笑
今度行くときはもっと東のほうまで足を伸ばしたい。
TAMAちゃん、オホーツクにピンポイントで行くべさ〜(笑
慣れって怖いもんで、帰る頃には−2度が暖かいと感じるようになりました。
でも、もう少し暖かい時期に行こうと思います(笑


<今回の旅行での発見>

・大泉洋は北海道でスーパースター
・道産子も道で滑る
・道産子は方言をあまり使わない(『べさ〜』は例外)
・シカのお尻は白い
・寒い



HOME




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO